nekoda2.com

猫の糖尿病についてや雑多な事

猫のこと 猫の糖尿病

猫の糖尿病。腎臓の数値も上がって来た時の対処法を考える。(2017年2月追記)

2017/02/23

stevepb / Pixabay

 

9月8日に、4月25日以来とっても久しぶりににゃん太を検診に連れて行きました。
このところ、体調も血糖値も飲水量も特に問題なくいたし、今の担当の先生と正直あんまり相性が良くないのもあって、しばらくご無沙汰してしまったのです。

血液検査の結果

今回の血液検査の結果です。項目はたくさんありますが、一応気になる部分の数値だけ。( )内は前回の数値。

GOT 31(26)
GPT 55(62)
ALP 82(82)
BUN 34.8(32.7)
CRE  1・9(1.8)
GLU  145 (489)

GOTとGPTは肝機能。ウルサミックという利胆剤を一日半錠飲みだして以来、肝機能はずっと正常値を維持しています。なので元々高かった事すら忘れてしまってるくらい。でも量を減らすとまた数値が上がってしまった事があるので、もう生涯このお薬とも付き合って行く事になると思います。

GLUはいわゆる血糖値。この日、たまたまいい感じの時に当たったみたいでした。(ちなみに正常値は71~148)この数値に関しては、本当に測ったその時の数値でしかないのであんまり気にする事はないです。

BUNとCREが上がってしまった

問題は赤で表示した部分。BUNとCRE(クレアチニン)です。これは腎臓の機能に関するもので、とうとう腎臓の数値が上がって来てしまいました。正常値はBUNは17.6~32.8、CREは0.8~1.8ですので、まぁ本当にギリギリと言えばギリギリのラインなんだけど・・・・。

なので獣医さんはこの結果についてはほとんどスルー状態。「年だからこの位になってもしょうがない」的な感じです。腎臓の機能は一度低下してしまうと、元に戻す事は出来ません。猫や犬は高齢になるとほぼ100%避けて通れない壁でもあります。にゃん太も15歳。とうとう来たか・・・という感じです。

腎臓サポートについて

失った腎機能は取り戻す事は出来ませんけど、残った機能を維持して進行を遅らせる為の方法はあります。ひとつはフードを腎臓サポート用に変える事。にゃん太は糖尿病ですから、糖尿病用のフードな訳で、獣医さん曰くどっちにするかはかなり微妙なところだそうです。

後はお薬の投与。種類的には血圧を下げる降圧剤(腎臓の数値が上がると血圧も上昇するそうです)、活性炭(血液中の毒素などを吸着して排出させる為の吸着剤)などが主だそうで、活性炭に関しては医薬品のほかにサプリメントでも動物用があります(ネフガード)

これはどのくらいのタイミングで投与していけば効果的なのか獣医さんに聞くんだけど、今からでもいいし後からでもいいしみたいに適当にあしらわれてしまってどうも話がそれ以上進まないのがいつものパターン。

というのも、この先生、担当変わったばかりのせいからなのか何よりも糖尿病の事しか話をしようとしないんですよねぇ・・・・。

糖化アルブミン検査を執拗に勧められる

てな訳で、担当が変わってから行くたびに執拗に言われていた「糖化アルブミン検査」を今回は強制的にさせられました。もっともよく考えてみればこの先生はにゃん太の今までの経過をカルテの記録でしか見てないので、糖尿病の経過を知る意味でも必要だったのかもしれません。

糖化アルブミンとは

糖化アルブミン検査とは、平たく言うと「3週間の間の血糖コントロールの平均値」がわかる検査です。血糖コントロールの目標値ってのがあって、糖尿病の猫の場合は20~30%以内に収まっていると良好とされます。

ちなみにこの検査は4年前まで時々してましたが、自宅で血糖値を測ったりするようになって以来はご無沙汰してました。最後に検査した時の結果は33.0%で、体調も経過も良好だった割には高く出てがっかりしたと、当時のブログに書いてありました。

検査の結果

そして今回の結果は後日電話にて確認したところ、31だったそうです。まぁこれもなんかギリギリセーフみたいに思えるんですけど、これに関してはもっとコントロールしないとダメみたいに言われまして、しかも今打ってるインスリンの量が多すぎるとまで言いだし減らせとの指示。

にゃん太は現在、朝5.0、夜6.0のインスリンを打ってるわけですが、先生的にはこんなに量が多いのは考えられないらしい。なにを根拠にそう思ってるのかはわからないけど、とりあえず朝夜で半単位ずつ減らしてみて、飲水量が増えるようであれば元に戻してくださいとの事でした。

仕方ないから一日言われた通りに減らしてみたところ、見事に血糖値が500近くも跳ね上がり、飲水量も増量したので迷うことなく元に戻してあげました。それ以降は普通に安定しています。

ネフガードを試してみた

ネフガードという活性炭のサプリがいつもにゃん太のごはんを買ってるサイトでも扱っていて、電話したついでに先生に飲ませてもいいかと聞いたところOKだったので、さっそく購入して飲ませてみることにしました。

ネフガードは顆粒と粒の2種類があって、にゃん太は錠剤のお薬の方が飲むの上手なので粒の方を購入。色は活性炭なので真っ黒で、大きさも形もまさしくベビーチョコって感じ。飲ませる量は、体重別で見ると2~5㎏まで2~3粒、6~10㎏まで4~6粒とあります。にゃん太は5.8㎏だから3~4粒ってところでしょうか。

いきなり多めもなんなので、手始めに3粒与える事にしました。サプリ自体は無味無臭との事なんで、試しにお気に入りのカリカリに一粒だけ紛れ込ませてみたら、難なく食べてしまったので、残りの二粒も追加して投与は問題なくクリア。よしよしこれならおやつと一緒に食べてくれるからとってもラクチンです。

 

 

ところが

 

それからおよそ6時間後。

 

 

 

見事に下痢っぴーになってしまいました( ;∀;)

 

普通は便秘になる方が多いみたいですが、稀に下痢になる場合もあるとか。にゃん太は快便くんだからその「稀」な方にはまってしまったみたいです。もともとお腹が敏感なタイプだから、はじめに一粒くらいから様子見てみたら良かったのかも。

でもせっかく快便で体調も良くいるのに、余計な事でまた体にストレスをかけるのも・・・と思い、それ以来投与は中止。にゃん太の場合ゲリピーになると、トイレだけに収まらず家中歩き回りながらピーピーやってしまうし、最近だとおしっこまで漏らしてしまうので後始末が大変ですし・・・。

今後の対策は

前の獣医さんだったら、ネフガードで下痢しちゃったんだけど~って気軽に電話でも相談出来たんだけど、今の先生はどうにも絡みにくいのでこれについては相談していません。まぁ今は本当に元気も食欲も普通にあるので、しばらくは要観察ってところでしょうか。

 

つづく

追記

12月の検診では腎臓の数値に大きな変化はなかったのですが、切りよく?翌1月1日から毎朝一粒ずつ飲ませています。おかげさまで下痢も便秘もなく続けています。

 

 

-猫のこと, 猫の糖尿病